アート系作品を展示・販売する壁面スペース。新鋭アーティストの作品を中心に、新しいアートとの出会いを提供します。角川武蔵野ミュージアムや学生と連動した企画も実施します。
オープニングは画家「角谷 沙奈美」の作品展です。



[展示会に際して作者よりコメント]

 私が絵のモチーフとして描くのはどこにでもあるような他愛のない物事風景です。日々の生活の中で見過ごしてしまうものや、忘れられた記憶をすくい上げ、近くでじっくり観察すると物事の本質の部分が見えてくる気がします。またある時は遠く離れた星にいるような感覚で日常を眺めてみる。すると見慣れた景色がまるで初めて見たような新鮮さを持って目の前に立ち現れます。私にとって描くという行為は、その曖昧だった物事の輪郭をなぞるように記録し、留めておくことです。
 今回、大きな壁面を7点の絵画で構成し展示しました。それぞれの独立した絵が一つの空間を共有することでまた違ったイメージが現れることに面白さを感じています。それは私に木々が集まって森となる姿を連想させました。
本を選びながらふと視界に入る絵画と手元にある物語、そしてそれぞれの生活や日々の記憶を重ねあわせ、新たな思い出を作っていただけたら嬉しいです。

角谷 沙奈美 かくたにさなみ